石川二番沢の滝

画像
02/26 超晴れ~。
実は代休日。(^^)

25日を山野草のご機嫌伺い日としたので、朝から石川の事前調査と決めていた。

何故「調査」かと言えば、前日の下見で陽のあたりにくい北向き斜面は、雪が無いとは言え凍土状態に近く本格的探索は危険であると判断したからです。

とは言え、支流は4分岐しているし高度差100m以上の急登坂なので、二箇所も調査ができれば十分であろうと考えた。(^^;

到着して見渡すと、一番有望な三番沢を目指すルートはやはり危険と判断した。
そこで二番沢を目指す事にしたが、出来れば最深部へのルートを見付けたい&大廻りで三番沢の最深部へのルートも!
と、尾根ルートを選択したのだが、水の音が響く沢とは高低差が大きくなるばかり、更に急斜面に凍土と言う状態で尾根を越えるどころか引き返す事となった。
(--;

結局二番沢を素直に遡行する。そして今回の調査目的場所までは到達し、20m級+2m~5mの多段滝群(沢?)を撮影できた。そしてこの多段状態は更に奥まで続いているのである。
因みに、尾根からも見ることは可能なのだが、木や大岩の裏側になりポイントが限られてしまうのである。

この後一番沢を同様に調査し、二箇所ほど無名を見付けたが水量が少なかった。(--;

更に、山腹に段差がクッキリと有るので「廃登山道」かと思ったが、二番沢奥からの水路と判明...断崖に幅20cmの水路を進むのは...

この段階で時間には余裕が有るものの、100m以上の急登坂だけで4回ほどしていたので、三番沢の三段20mを眺めて〆とした。(^^)

掲示は、八石山石川二番沢の20m級です。
滝下右よりの流れ込みが多段滝群の最終段にあたります。

この記事へのコメント

abe
2007年03月03日 23:13
こんばんは
今日はお疲れ様&ありがとうございました。
お花はチョット早めでしたが、おかげ様で楽しい一日を過ごせました。
またどこかでご一緒できる日を楽しみにしています(^^)v
ユウ零
2007年03月05日 18:25
abeさんようこそいらっしゃいました。
確かにちょっと残念なところもありましたが、可憐に咲いていたので良しとしましょう。(^^;
また何所かでご一緒できるとイイですネ。(^^)

この記事へのトラックバック