端川の素晴らしい無名発見!

画像
05/01 Part2
小滝を撮り、岩盤のナメが続くので流れを徒歩と視線で追う。

先では更に谷が合流していて、対岸は岩盤の絶壁となっている。

そしてナメの先が落ち込んでいる!
林道から谷底を覗き込むと! 発見!!!d=(^o^)=b
幅広で2条の流れ落ちがハッキリ見える。
しかし木々や葉が滝周辺を覆っていて全貌が撮れそうもない。しかも林道からは絶壁に近く容易に近寄れないのである。

ただ位置関係からして谷はそう長くないハズである。
遡行するしかないと考え更に下ると...デーンと20m級の砂防ダムが現れた。(--;
ただダム底に水はなく沢状に流れているだけである。そして両岸は絶壁だが砂防ダム外内共にコンクリート打設の段がある。d(^-^)
越えましたとも!(^0^)

50m程沢を進むとV字谷になり、左右に折れながら1~2m程の小滝が連なっている。(-_-)
岩にしがみ付いたり腰近くまで浸かったりしながら目前へ到達...
( ̄□ ̄;)!!
10m級の手前にもう一つ4m級があり、直瀑なので登れませんでした。
狭いV字谷の上、水の流れ角度が違うので撮れない...
装備がないので今回はここまでと諦めました。(v_v)

掲示は土口川支流端川?の無名10m超級です。
手前の流れ落ちが直瀑4mです。出っ張りに足を掛け手を伸ばして撮りました。
因みに写っているのは上1/3程度です。(--;

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック