惣滝(妙高)

画像
11/17 Part2
いよいよ惣滝滝下に向かいます。(^o^)/

今度こそ順調かと思いきや...
遊歩道が無くなり鎖で川原に下りたら、川原の岩は氷でツンツルテン、沢は硫黄でツンツルテン...
渡渉してまずは対岸に行かなければならないのに対岸も見るからにツンツルテン...
こうなると濡れる転ぶはショウガナイと割り切る他は無い。
(・_*)\

そんなこんなでやっと「惣滝の湯」横まで到着。あと一曲がりすれば念願の滝前・滝全体が撮れる~!
...なんと!天気が良過ぎて日が当たる滝上部と日陰下部のコントラスト差が余りにも有り過ぎる、更に滝壺前には大きい岩が転がっているではありませんか! (--;

これは少しでも滝下に近付く他は無い。p(-_-)q
雨合羽を着込んで川原を進む、濡れる転ぶの覚悟は既に出来ていたものの、滝が巻き起こす飛沫の暴風は合羽を着た私が滝の様相...。
アングルなんぞを決めている余裕は無い。レンズから飛沫を拭っては空かさず撮るを繰り返し、カメラが滝状態になったところで滝前から脱出~!
C= C= \(;・_・)/

冷気に晒されていた顔と手はガチガチなので「湯に浸かろう」と思った。(^0^)
ここで素直に権現滝上の野天に行けばいいものを折角だからと間際の湯に浸かる。(((((^^;
「行きはヨイヨイ♪浸かれば天国~♪」(^-^)/
だったが~天気の良さに氷が溶けて氷塊とツララが落ちて来たーーー!(@_*)
「脱出~!」川は冷た~い風はサブ~イ! (v_v)

河原の湯に行こう! 遊歩道をソソクサとご帰還しました。

Part2終了
Part3へ続く (^^;

掲示は惣滝の下部・滝壺周辺です。
因みに、権現滝近くの湯に入らなかったのは...変な虫が湯船に居るんです。(--;

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック