北地獄谷無名滝

画像
11/17 Part3
崩落場所を下り妙仙橋に到着。河原の湯はどうかな~?
(^_-)
河原の湯から上がってきたと思われるご夫婦が「湯温が低くて寒いよ!」と教えてくれた。やっぱりこちらもダメか!(--;
ならば滝見台周辺から惣滝を撮ったら帰ろうと決めた。(^^;

滝見台周辺を含めて殆ど落葉しているので以外にも撮影ポイントは以前より一杯あった。(^^)
と言う事でその辺を歩いてみる。
!河原の湯奥方向に滝らしき流れを発見! (@_@)
それを狙おうと沢側に近付く。
!更に奥に三段の滝発見! (^o^)
何処か狙える場所はないかと探しているうちに、沢の上方山肌に山道を見付けた。幅は狭く登山道ではないと感じたが、続いているので行ってみる事にした。(^^;

この眼下の流れは北地獄谷へ続く流れである。
以前に登山道谷ルートを下りてきた時に幾つかの滝と思われる流れを確かに見ている。
但し、どう見てもその滝に行ける道が有るとは思えないほどの渓谷だった。

さてその道を進むと早速一つ目の滝が確認でき奥にはまた別の流れ落ちが見える。(^^;
当初三段に見えた滝に到着してみると実は五段だったりです。

曲がりに着き先が開けると次の滝が見えると言う繰り返しで切りが無い感じです。それでも行ける所まではと思ったが、岩盤を階段状にしてある場所がツンツルテンに凍っていて流石に危険でありそこで止める事にした。
機会を作って是非奥まで行ってみたいですね。(((((^^;

掲示は北地獄谷無名五段のうち下三段です。
因みに、帰宅後調べて見ると確かに道が存在し終わりに温泉マークです。これが燕温泉の源泉だそうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック