払川無名滝(米山)

画像
04/20 晴れ後曇り
本日もフリーです。(^-^)/
この時期の年中行事である遠望からの米山滝探索に行く事とした。

まずは柿崎川上流黒岩に向かう、先週は残雪で通れなかった林道峠線だがもう大丈夫でした。この道路沿いからは広範囲の遠望が利き、季節無名滝絶好の撮影場所なのです。(^^)

去年見付けた無名は更に素晴らしい流れ落ちでした&今回は新たに3箇所見付けました。d=(^o^)=b

天候も道路状況も良かったので思ったより早く展望探索を終えてしまいました。(^^)
ならば~いずれ探索と思っていた払川支流の無名滝に行ってみよう!d(^-^)

払川と交差する柿崎小国線道路脇に到着。
直ぐ前に砂防ダムがあり、その後にも3基の砂防ダムが立ちはだかっている。奥に行くほど大きく谷が深くなっているので、植林されている脇の尾根から行くことにした。作業用の道もあるだろうし杉林は意外と歩き易いハズです。
ところが~道は直ぐに無くなり意外と荒れている。更に最初の杉林を抜けたところから急登となり、椿や低木が密集し枝が反り返っているので非常に登り難い。何とか次の杉位置まで辿り着いたが、一つ目の滝さえまだかなり距離がある。そして目の前には別方向からの沢が横切っていた。(--;
越えたとしてもまた潅木との悪戦苦闘が目に見えていた...。
思い切って沢に下りて遡行した方が良さそうであるが、天候が怪しくなってきていたので撤退とすることにしました。
一週間前はもう少し楽に行けそうな気がしたんですがね。(--;

掲示は一週間前の米山山麓払川支流の無名滝です。
因みにここは雪渓のあるうちが探索時期だったのかも知れません。(-_-)


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック