夫婦滝(勝山)

画像
08/15 Part2 
次は勝山市にある夫婦滝に向かいま~す。(^^)/
勝山地域にはこの他にも流れ落ちの素敵そうな大滝・不動滝・八反滝等が有るのは判っていたのだが、全部を探訪する時間的余裕は無いので、二つの沢が滝として合流すると言うちょっと珍しい感じのこの滝をチョイスした。

ただ、遊歩道有りの記載は一部資料には有り、また木々藪が生い茂って無ければ下流からでも十分見渡せるらしいが今は夏真っ盛りである。更にどちらも不毛であったとすると、国土地理院の地図からして500m程の沢遡行で且つ小さめとは言うものの無名滝を越えないと滝前には行けない感じを漂わせていた。

まあ行って見れば判る事!(^0^)
と割り切って、駐車ポイントとなる杉山鉱泉を目指す事にしました。
因みに、前日に大雨が降ったとの事を考慮し、県道34の峠超え(林道モドキに狭い)での最短にての走破は止める事にした。d(^-^)
画像
県道34を戻りR476・158・157と走り杉山橋から杉山鉱泉へ向かう。
鉱泉近く道脇に案内看板とスペースが有ったのでそこに駐車させて頂こうと鉱泉を伺ったのだが、関係者の方が中々出て来ないので館周囲を歩き回ってみると「←夫婦滝のみち」表示を発見!(^^)
しかし表示は0.9km!それも取っ掛かりは登山道の趣で急な登りの連続模様...こりゃ~運転手殿にはキツイか!?と考えているところに鉱泉の方が現れて、空地の駐車場へどうぞとの事、有り難く車を移動する。そして状況を運転手殿に伝えると「温泉に浸かっている」との事なので、一人で探索に向かう事とした。~(^◇^)/
画像
私道的な遊歩道を表示方向に400m程歩くとそこから道は平坦になり杉山川の支流となる目的の沢筋を感じさせた。しかし沢は全く見えないし遠望が利く状況にも感じない...それどころか道の途中には木の枝から一斗缶が吊るしてあり「熊出没」「叩いてから進め」とある。(^^;
クマ対策は装備しているが余りにもリアルなんでちょっと躊躇しましたワ。(^0^)

そして更に歩くとチップを轢き詰めた小道となり周囲の景観は断崖!?...
(?_?)
ありゃま!沢の遡行や小滝を越えずに夫婦滝に到着!ヽ(^。^)丿
どうも私的に遊歩道を整備された様です。m(._.)m

そして夫婦滝は確かに二つの沢が滝として合流していました。(^^)/
しか~し!この滝も簡単には全貌を撮れないのです。そこでちょっとはヤンチャ行動を取らせて頂きました。(((((^^;

水量がちょっと少ない感じで合流後の二段目以降が意外と単調ですが、周囲の雰囲気と共に趣は素敵な滝でした。d(-_^)good!!

Part2終了
Part3に続く

掲示は福井県勝山市北谷町、杉山川支流の夫婦滝です。
因みに、遊歩道を進むと逆に途中の無名滝は全く以って不明でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック