七反滝・霧降の滝(大野)

08/15 Part4 
九頭竜川の滝達は全て道脇から眺める予定であったが、一番手である仏御前の滝に既に嵌まってしまった。(^^;
この先七反滝・霧降の滝他幾つかの沢状滝無名滝があるらしいので、本日最後に予定している阿弥陀ヶ滝まではちょっと厳しい感じ...とすると車中泊場所の変更も念頭に置かないとイケマセンワナ。(-_-)
まあ急遽のイケイケ!で始まった遠征ですし幾つかの場所はあるのでそれも良しか~。(^^;
画像
と言う事で、次は七反滝です。(^^)/
距離にして2km先、スノーシェッドの対岸に流れ落ちているのが見えるとの事なので、思いっ切り眼を凝らしていたら...スノーシェッド前で流れ落ちを発見!(^^)/ 
しかしそこからはホンの一部分しか見えません...そこでスノーシェッドを歩いて通過すると...アリマシタ。(^^;
しかし然しそれでも木々に隠れる部分が多く全体の流れ落ちは厳しかったです。(--;
見える限りの状態から全体の流れ落ちを想像すると、きっと素晴らしい滝なんでしょう。(^^)
画像 
そして次は霧降の滝です。
こちらは直ぐに道脇で現認できました。ちょっと小さめですがちゃんと駐車スペースもあり、なんやら「谷のやすらぎ」なる標識杭もあります。
マイナスイオンを身近に感じる安らぎとすれば、ドライブ途中の休憩場所としてはとっても素敵な流れ落ちだと思いました。d(-_^)good!!

おー!これで名前の分かる滝は完了です。(^^;
他には期待できるのかナ~とか想いを巡らしつつも一様阿弥陀ヶ滝へ向けて走りましょう!(^^)/
因みに~三ヶ所程で停車し無名を撮りました。d=(^o^)=b

結局のところ仏御前の滝以外は然したる時間も掛からず日没までにはまだ時間がある。車中泊場所を決めてしまうには流石に早いか!?(-_-)
場所を確認するだけでもイイか!と言う事で、最短峠越えの県道127を選択した。
しかしこれが裏目に...実はこの頃から空模様が怪しくなっていた。
走るペースはイイ感じだが峠方面も怪しい雲で覆われ始めている。それでも舗装道路だし信号は無いのだからり普通には到着するだろうと思っていた。
ところが峠近くに成ると道幅は本当に車一台分しかないのである...対向車が来たらヤバイか!?と考えている内にご対面...そこは退避スペースが近かったので上手く遣り過ごし更に走る...川傍らの道は狭くガードレールも無い...ん~...天候も悪いし暗くなると此の先はマズイ!と判断し次の退避スペースで引き返す事にした。d(^-^)

思いっ切り遠回りになるがR158・156と走り阿弥陀ヶ滝に程近い「道の駅白鳥」を車中泊場所とした。

Part4終了
Part5に続く

掲示は福井県大野市九頭竜川の七反滝・霧降の滝です。
因みに、無名滝は宝物殿に掲載する予定です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック