不動滝・金剛滝・四十八滝(湯沢)

画像
08/22 晴れ 
運転手殿の「近くてこの暑さを凌いで且つ楽しめる所はないか!?」を検討した結果「湯沢高原アルプの里」に行ってみる事にしました。(^^;

ただ、期待度大であったジップラインアドベンチャーは予約で既に満員でした。(--;
まあちょっとした避暑感覚ですからロックガーデンの高山植物でもゆくり楽しみましょう。そしてその中でもレンゲショウマが見られたらイイな~です。(^^)
因みに「ヒマラヤの青いケシ」は6月頃です。(^_-)
画像
&~~~暑い時間帯・お昼当たりに高原に居れば良い訳なので~折角湯沢に行くんだから~早い時間帯に周辺の滝探訪にでも行っちゃいましょう!です。(^0^)

北陸・関越自動車道と走って湯沢ICで降ります。R17・県道268・361・457で大源太湖に到着、目指す四十八滝の表示も見落とさず1号砂防堰堤の駐車場にキッカリ到着です。(^^;
大源太川を上流から...展望台から...そして下流へと目を凝らして見るが、滝らしいのは展望台直下の一つですかネ。( ;^^)ヘ..
画像
次は滝沢川の不動滝(大ぜん)・金剛滝(小ぜん)です。
来た道を戻り湯沢温泉街から滝沢川沿いに走り滝沢公園に到着です。
駐車スペースが有るのか無いのか判断に迷いましたが、誰も居ないので公園に駐車させて頂きました。(((((^^;

遊歩道を進むとまずは金剛滝への分岐となり滝少し手前まで続いていますが、長靴を履いていないと滝前に行くには厳しいです。まあ靴が濡れる程度の覚悟があれば間近に見る事は簡単です。
虹が架かったりして小さいながらもとても素敵な流れ落ちでした。d(^-^)

一旦戻り更に遊歩道を進むと不動滝です。
この滝は川端康成の「雪国」にも登場する滝な訳ですが、金剛滝よりもかなり大きく滝前迄がちょっとした素敵な空間を形成しているので、二条の流れ落ちが更に素晴らしく感じました。d(-_^)good!!
因みにこちらでも虹が架かりとっても素敵でした。o(^o^)o

今日のメインであるハズの「アルプの里」へ行く前に十分楽しんでしまった。
(^0^)
画像
この後は当然、湯沢高原ロープウェイに乗り「アルプの里」ロックガーデンへ行き、お目当てのレンゲショウマとご対面する事ができました。(^^)/
因みに、ロープウェイを降りた瞬間は涼しく感じたのですが...やっぱりアチかったです。(^^;

掲示は新潟県南魚沼郡湯沢町魚野川支流滝沢川の不動滝・金剛滝、魚野川支流大源太川の四十八滝です。
因みに、上から不動滝・金剛滝・四十八滝の順です。(^^;

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック