嫗仙の滝(草津)

画像
09/19 Part3 
常布の滝は遠望するに留めたが、来た道を戻り駐車場に到着すると優に昼は過ぎていた。引き続き草津町嫗仙の滝を探訪する予定だが、取り敢えず昼食~と言う事で草津温泉界隈へ向かった。(^^;

連休の真っ只中とは言え昼過ぎ真昼間の温泉街、食事くらい何処でも大丈夫であろうと思っていたのだがこれが大誤算、街中は渋滞しきりで昼食休憩場所の品定めをするなんて余裕は無かった。(--;
そこでこんな時は「道の駅」...何とか駐車場のある草津運動茶屋公園で一息付けました。(^^;
画像
しかしこの入り組んだ狭い温泉街での渋滞混雑状況は直ぐに解消されるとは思えないので早々に嫗仙の滝へ向かう事にした。そしてR292の道沿いに案内表示があると言うので渋滞と言えどもお気楽に走っていたら...白砂川沿いに出てしまった...更にナビには小雨川なる表示...(・_・)
ヤバ~どうも案内表示を見逃した!?(--;
普通に考えれば元来た方向に戻れば良いのだが、あの渋滞の中へ戻って行くのは...それに本当に案内表示を見逃したのなら見落とさずに行けばイイのだが...無かったら...。(-_-)
思案がグルグル巡っていたその時!「駐在所」なる表示が眼についた。(((((^^;
目印となる場所を丁寧に教えて頂きまして、今度は迷わず嫗仙の滝駐車場に到着しました。(^^;
駐在さん、ありがとうございました。m(..)m
画像
到着したとは言うものの時間は3時半...遊歩道は行きはヨイヨイ帰りは云々の様相で1時間は必要!?とにかく遊歩道を進みます。迂回路の分岐を過ぎ東屋迄は平坦ですが、その後は一気に下ります。何処まで下りるかと思えば、滝のちょっと下流に出るので、滝の落差+αな訳です。(^^;
そこから赤褐色の川床を少し遡行すると嫗仙の滝とご対面~!です。(^^)/

滝前は結構広い景観を呈していて、鉱物が含まれているのか本流側の岩肌は赤く、伏流側の岩肌は黒いままと見事なコントラストです。そして途中にポッカリ開いた穴と幅広な事もあり落差以上に素晴らしく感じました。d(-_^)good!!

しか~し!復路はズーーーッと登りだぞ~。( ;^^)ヘ..

Part3終了
Part4に続く

掲示は群馬県吾妻郡草津町白砂川支流小雨川の嫗仙の滝です。
因みに、駐車場に戻った時点で日帰りを諦め車中泊と決めました。(^^;

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック