しゃくなげの滝(中之条)

画像
09/19-20 Part6 
次に目指す「しゃくなげの滝」はここから程近いが、駐車場所に戻ったところで一旦コンクリート地面の場所に出て再度のヤマビルのチェックをした。(^^;
やはり幸いにも何処もヤラレテいなかったので、大騒ぎとなる事も無く次へ行く事ができそう!?

運転手殿にとっては始めてのヤマビルの強襲とあって「もう今日は山道を歩かない!」と宣言されてしまったのだが「しゃくなげの滝」は道脇に流れ落ちているから大丈夫!だよ~と言う事でOKを取り付け、奥四万湖の深部に当たるブノウ沢に向かう。( ;^^)ヘ..
画像
R353の奥四万トンネルを抜けるとそこが四万川ダム・奥四万湖です。
R353からの周回道路を走り、赤沢橋を渡り、渡仙橋の手前を左折れするとその道が「稲包山・赤沢林道」で上信越自然歩道となっている。
因みに、渡仙橋を渡って「稲包せせらぎ公園」方向へ行ってしまうと、周回一方通行となるので注意しましょう。

さてブノウ沢脇の赤沢林道を走ると500m程で行き止まりとなり、その直ぐ脇に「しゃくなげの滝」表示があります。
矢印となっているのでその方向へ10m程歩くと、土止め堰堤が手摺付きの滝見場所と言う感じになっていて、しゃくなげの滝を横から見る事ができます。
画像
しかし~木々が手前斜面に繁っているので全体は見渡せません。(--;
そこで~堰堤脇の斜面を昇り降りすると滝前に出られます。(((((^^;
滝全体が簾状の分岐瀑と成っているので小さいながらも素敵な滝でした。d(-_^)good!!

これにて今回の遠征を打ち上げて帰路に就きました。(^^)/
車中泊夜半からの雨で、二日目の探訪は成果無しにご帰還となる可能性も有った訳ですから、その事を念頭に置けばこれまたとても素敵な遠征であったと思います。(^-^)/

掲示は群馬県吾妻郡中之条町四万、奥四万湖ブノウ沢しゃくなげの滝です。
因みに、小泉の滝・桃太郎の滝の探訪はやめました。(^^;

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック