裏見の滝(みなかみ)

画像
10/10 曇り 
当初は二車中泊三日で東北遠征を予定していたんですが、土曜日が仕事になるワ(T_T)日曜日は悪天候予報だワ(>_<)と言う事で計画が二転三転し、遠征探訪自体を中止にしようかと思った程です。
しかし日曜日昼前に少しの晴れ間を見たら...行動してました。(^0^)

そして探訪は「再会・40年振りの華厳の滝」と決めました。(^^)/
但し、本日華厳の滝周辺はやはり「雨」なので、途中の群馬県はみなかみ町の裏見の滝を先に目指し、時間があれば~照葉峡の11滝か~みどり市の小中大滝!?です。(^^;
画像
北陸・関越自動車道と走り水上ICで下ります。R291で谷川岳方面へ向かうのですが「一ノ倉沢を一目」との邪念は振り払い(^^; 県道63で藤原ダムを過ぎた後に右折、宝台樹キャンプ場を経由して武尊神社手前駐車場に到着です。

駐車場には「裏見の滝案内図」がありますが、滝見台への遊歩道以外周回遊歩道は全て通行禁止で周回の内に含まれる「裏見」はダメなようです。

そして遊歩道を下る事数分で滝見台となります。
画像
滝周辺の紅葉は少し始まっていましたが、この時点でやっと雨天が曇天へと変わったばかりなので暗がりでの撮影となってしまいちょっと残念な気もしました。
それでも壺からの流れ出しも構える裏見の滝は素晴らしい流れ落ちでした。
d(-_^)good!!

さて~照葉峡の11滝はどうしたものか?との判断は...(-_-)
華厳の滝を目指すための車中泊場所へはまだ一般道を3時間以上走破しなければならないので照葉峡の11滝は諦める事にしました。

Part1終了
Part2に続く

掲示は群馬県利根郡みなかみ町、利根川支流武尊川の裏見の滝です。
因みに、当初車中泊場所は「道の駅 富広美術館」を予定していたのですが、常用トイレ側の駐車場は規制されていたので「道の駅 くろほね・やまびこ」に一歩後退を余儀なくされました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック