おしどり隠しの滝(茅野市)

10/24 Part4 
王滝とその周辺の紅葉を十分堪能出来たので、やっとここまで来た甲斐が有ったと言う感じなんですが...そうなると「やっぱり青空が少しでも...」なんて思う訳ですよネ。(^^;
しかし今日は幾ら待っていても天気の回復は望めないと分かっているので、おしどり隠しの滝へ向かう事にしました。 
画像

さて遊歩道は王滝展望台を過ぎたところから一旦キツイ登りとなり登山道の様相となります。そして登り切ると王滝展望台を迂回するコースと合流します。つまり横谷観音分岐からなだらかなコースがある事に因って冬季もOKですよ!って事ですかネ。(^_-)

まあそちらも復路では行く予定ですが、取り敢えずはおしどり隠しの滝へ向かいます。って、ちょっと大袈裟かも知れませんが~ここからは本当の意味で登山道と言う趣です。道筋はシッカリ分かりますが流石に人の往来が一気に少なくなり渓谷中腹の一本道の様相です。そして木々の茂りの中を進むので、紅葉も見え隠れ程度となってしまいます。
画像
とは言え1km程でおしどり隠しの滝に到着です。(^^)/
実はこの滝、今回の探訪での折り返し地点とは決めていたものの、渓流瀑と言う事もありお題となるような狙いはありませんでした。と言うのが本音です。( ;^^)ヘ..
画像
ところがです。遊歩道から滝脇に出た瞬間、松レンズ軍団がズラリと並んでお出迎えです。(^^;
更に、滝前から下流方向にも一杯いらっしゃいました。(^◇^;)

と言う事で、対岸に渡り切って眺めて見れば~流れに多様性があり確かに素晴らしい渓流瀑だと感じました。d(-_^)good!!

Part4終了
Part5に続く

掲示は長野県茅野市北山蓼科中央高原、渋川本流のおしどり隠しの滝です。
因みに、川面から周辺が美しいだけにもう少し温泉宿が離れていればと言う感じでした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック