小清水川無名滝(柿崎)

画像
02/06 晴れ 
1月はもう雪だらけで除雪に明け暮れた感じでした。(--;
そして気が付いてみれば「災害救助法の適用された地域」に成っていましたワ。(^^;
とは言っても~市街地に適用される訳も無く山間部のみなんでしょうけどネ。

さてさてそんな天候の日々ではありましたが、先週から雪も小康状態が続いていまして、今日はなんと~「朝から晴れ!」です。(^0^)
ただ我が家の庭には速攻でカマクラが造れそうなほど雪を溜め込んでいたので、今度はこの天気に乗じて排消雪作業です。
また雪が積もっても大丈夫な程度までは勤しんでから、久し振りに近場の滝のご機嫌伺いに出発です。(^_-)

善根不動滝の遠望でもと勇んで出発したが、白銀の世界に逆光と空気中の水蒸気で全く見えず...となれば~山側は諦め海側に転進~お弁が滝だな!(^^;
画像
冬の滝見定点は、恋人岬へ通じる急勾配な丘が鬼門なのだが、本日は冬ソナ号なので難無くクリアーして駐車場に到着...しかし、ありゃ~お弁が滝も逆光で暗闇の中じゃん...(v_v)

ん~滝~...(-_-)
ならば~昨年、場所は特定したのだが藪の中の渇水期では絵にならないと、春先の雪解け時期に狙おうと思っていた、柏崎と柿崎の境界にある小清水川の無名滝に行ってみる事にしました。(^^)/

走る事十数分、近くに到着し見上げてみれば、藪は枯れて結構イイ感じです。(^^)
実はこの滝、高速を走っていると春先には必ず「滝!」と現認できる程なんですが、中々場所を特定出来ずにいました。しかし昨年、藪漕ぎ探索を敢行し高架橋直ぐ脇に流れ落ちているのをやっと突き止めたばかりなんです。三段20m強でちょっとか細い感じですが、見事に滝!です。d(-_^)good!!

掲示は上越市柿崎区竹鼻、小清水川(地元名)の無名滝です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック