湯沢川白滝再訪(能生)

画像
05/21 Part3 
結構お気楽探訪かナと思っていた焼山川大滝の再訪は、残雪が多かった事でちょっとしたアドベンチャー気分でなんか~とっても清々しさ+αの大満足でした。(^_-)

で~次は能生川支流湯沢川の白滝なんですが、県道270・R8と本日来たルートを戻り能生ICはそのまま通り過ぎて(^^;県道246を柵口温泉まで走ります。
尚、移動途中近傍には谷根川の大滝・川詰川の茶釜滝等が有るのですが、田んぼの繁忙期にも係わらず車で乗り込んで行くのはお邪魔以外の何物でもないように思えたので端から止めました。(^^;
画像
さて柵口集落から白滝へ向かうには、権現岳柵口コースを進めば良いのですが、登山道の情報は幾らでも有るのに白滝のビューポイント情報は「途中で滝が見えた」くらいとしか無いんです。(--;
そんな訳で前回は、素直に急勾配な柵口ルートを登り、水場を通過し更に上の尾根道に出る辺りまで登ってやっと視界が開け、滝姿全体を撮ったものです。
しかして疲れる割には水の流れ落ちが寂しくてね...その時から再訪を考えていました。

取り敢えず、権現岳柵口ルートって2合目まで車で行けるんですよ~つまり2合目標示が登山道入口扱いみたいです。
画像
且つ数台なら駐車も可能なスペースがあるので滝○カにとっては好都合なのであります。(^0^)

そしてですね~ここからがポイントなんですが、実は前回の探索時その駐車スペースに糸魚川市の測量隊が来て湯沢川を上流に向かって行ったんです。ただ車には無線が有り待機している人も居たので後追いはしなかったのですが、これは砂防関係だナ!とピンと来たんです。
d(^-^)

そして今回到着してみると、やはり湯沢川沿いに工事用道路が進展していました。(^0^)
画像
と言う事で~登山道を登らずに湯沢川沿いに進めば白滝下流滝下~で、お気楽なハズです。(^^;

実際、工事用道路は上流に向かって伸びていて先には工事用施設もあり、白滝下流を挟んで二つの砂防堰堤が完成していますが、まだ道路は上流に向かって整備途上でした。
そんな中、重機は有るものの人の気配は感じなかったので、素晴らしい流れ落ちの白滝を有り難く撮影させて頂きました。d=(^o^)=b

但し、今回は偶々昼休みの昼寝中に当たっただけみたいで、戻り出した頃に重機が動き始めました。( ;^^)ヘ..

この後、権現岳周辺の景観を愛でると共に、またまた無名&不明滝の撮影に勤しんでご帰還と致しました。(^-^)/

掲示は糸魚川市能生川支流湯沢川支流の白滝です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック