洗心滝・霧ヶ滝(田立の滝群)

画像
10/09 Part2 
標高900mの粒栗駐車場を出発し長いつづら折れの登山道や強度の怪しい木橋(道)・桟橋(道)等を踏破し標高1100mの螺旋滝まで実際には1時間20分を要した。

私的にはここからは次々とご対面となるハズの洗心滝・霧ヶ滝・天河滝・不動滝・鶴翼滝・そうめん滝を期待するだけでワクワクと言った感じなのですが...どうも行く先には急登の場面もチラホラのウワサを...撮影に時間を割いていると駐車場に戻るのはお昼を大分回っちゃうかナ?...まあイイか~!(^0^)
画像 
と言う事で、然したる休憩時間も取らずに螺旋滝を後に洗心滝に向かいます。(^^;

って...直ぐに「洗心滝」の標示を発見!?(--;
ん~モシカシテ道脇からは木々に隠れて全貌は望めないのかナ!?

パンフレットでは全てがちゃんと載っていたのでちょいと先行きに暗雲が...。(--;

まあ一滝くらいそれもショウガナイ!と言う事で、お一人様やんちゃモードは控えて~霧ヶ滝に向かいます。(^^;
画像
またまた人数制限の告知がある木橋(道)・桟橋(道)等を進みますが、10分程度で視界が開け霧ヶ滝に到着です。

滝前はゴロゴロ岩だらけですが結構な広さが有るので、素敵な分岐瀑の滝姿も色々な角度から捉える事ができます。d(-_^)good!!

そして引いた場所から見上げると奥の方に滝が見えます。あれが天河滝かいナ!?と思われるのですが華麗なるツーショットのポイントを探すのは厳しかったです。(^^;

Part2終了
Part3に続く

掲示は長野県南木曽町木曽川支流大滝川田立の滝群(百選の滝)です。
1枚目は洗心滝です。
2、3枚目は霧ヶ滝です。

因みに洗心滝は下山復路時に撮ったモノです。(((((^^;

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック