アザキリ沢の無名滝(糸魚川)

11/23 晴れ後曇り 
本日は、んがお工房殿との恒例~!?(^^; 県内未踏の滝探索です。
糸魚川市は明星山の字切沢へ行きま~す。(^^)/
画像
アザキリ沢と言えば、姫川と合流する対岸のR148沿いから4段の無名滝が流れ落ちているのを撮影し、ここでも公開しましたが、この更なる上流域に2滝が存在すると言う情報を、んがお工房殿が聞き及んでいた。
それは道こそないものの沢を普通に遡行すれば出会えるハズ!?だったのです。(^^; 

画像
北陸自動車道糸魚川IC近くで待ち合わせ合流し、R148県道483林道岡・倉谷線と走りアザキリ沢に掛かる朝霧大橋に到着です。
さて~アザキリ沢の遡行を始めるにあたっては、まず沢に下り立たないとイケナイ訳ですが、何処から沢へ下りましょうかと橋下を覗き込むと...結構な高さがあるワ、橋周辺は渓谷模様じゃありませんか!(@_*)
正直なところ、もしかして最初からズッポシ浸水か!?の雰囲気もありましたナ。(--;
まあ沢に下り立てれば、遡行は比較的平坦みたいなので、意を決して行きます!!(^0^)
画像
そして沢には無事下り立ちましたが、前日までの雪混じり荒天の影響からか水量は多い様に思え、小さいながらもゴルジュとか渡渉があるとちょいと前途多難かも~の予感です。(--;

しかして案の定、沢中を避けての行軍は平坦な場所でも常に藪漕ぎ状態で、急峻な場所では草木や岩を頼りに登ったり降りたりの繰り返し...。(--;
考えれば~何処に滝が存在するのか全く不明な状態で良く遣るよナ~てな感じなのですが、それこそが「滝○カ」たる所以でしてネ。滝の一つでも観ずして撤退は無い!のであります。(^_-) 
画像
その後もアドベンチャーモードは更に続くのでありますが、0.5km弱進んだと思われるとこで遠望ながらも滝姿を現認!そこを目指すと更に奥に壮大な滝姿を発見!o(^o^)o
もうこうなるとアドベンチャーモードもイケ行け!!でした。ヾ(@^▽^@)ノ

そしてアザキリ沢に流れ落ちる支流の沢状段瀑ではありますが、100m超級と思われる滝姿に納得としました。d(-_^)good!!

因みに~帰りの道程もハードでしたワ。(^^;

Part1終了
Part2に続く

掲示は新潟県糸魚川市姫川支流字切沢支流の無名滝です。
1~3枚目が二つ目の無名滝で上部がまだあります(後に判明)
4枚目が一つ目の無名滝です。
因みに、更なる沢奥にも滝がありそうです。(((((^^;

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック