大瀬の滝(秋山郷)

画像 
06/03 Part2 
蛇淵の滝はまたしても滝姿全体は撮れなかったがまあお手軽な再訪なのでとっとと大瀬の滝に向かいます。
(^^)/ 

R405を走り小赤沢地区から小赤沢川沿いの苗場山登山道を進みます。 
因みに一合目は勿論の事、三合目駐車場がありそこまで舗装道となっているそうなのでとても気楽です。(^0^) 
んで~この時に運転手殿が偶々道を間違えて私道へ入り込んでしまったので私有の駐車スペースでUターンをさせて頂いたのですが、ほぼ正面・中津川対岸・山の中腹の断崖に二筋の流れ落ちを発見!o(^o^)o
画像 
事前調査の段階では沢筋さえ記述のない場所なので、季節滝と思われますが滝○カからすると結構素敵な「滝」に見えます。
d=(^o^)=b

さてさて登山道に復帰し少し走ると川沿いに神社があり、その後ろ直ぐに大瀬の滝が見えました。
道脇に駐車スペースも有るし、いや~これは素敵なお手軽の滝ですわ。(^^;
と言う事で~歩く事数分で滝前に到着。

滝の大きさに比して立派な滝壺を構えた大瀬の滝とご対面~です。(^^)/
この時期だからかもしれませんが、周辺の緑に岩盤を一気に一筋流れ落ちる様はとても素晴らしいです。d(-_^)good!!

因みに落ち口の感じからすると上流に向かって小さくも数段続いている様ですね。

Part2終了
Part3に続く

掲示は長野県下水内郡栄村小赤沢、中津川支流小赤沢川の大瀬の滝です。
因みに国土地理院の地図では大ゼンノ滝と標記されています。
2枚目は対岸屋敷山の中腹に流れ落ちていた無名です。(^^;

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック