妙高山塊の滝(^^;

07/15-16 Part8 
寄り道的に惣滝のご機嫌伺いもできたし、時間的には余裕なのでこのまま一般道を走って何処かで昼食にしてご帰還としますかね。(^_-)
と言う事で、県道39からR18へと走り始めて直ぐ...妙高山塊方向を見てみると!(@_*)
鬼ヶ城と思われる断崖に流れ落ちを発見!(^-^)/ 

画像
季節滝と思われるが車を止めて撮影です。
(^0^)
こうなるともう妙高山塊の山肌が気に成ってしょうがない。
(^^;
と言うのもこの周辺にはガラソノ沢の大滝を含めて大きな無名滝が有るのです。(^^;
画像
とは言うものの手前は広大な自衛隊の演習場で奥は険悪な渓谷で、冬は雪に閉ざされ、グリーンシーズンは笹ヶ峰方面が整備され人気と有れば普通には誰も行きません。
唯一は早春の山スキーヤーが踏み込むくらいですかね。
そんな場所ですから凡人の滝○カが探索に向かえるような場所では無さそうなので何時も遠望で眺めていました。(^^;
画像
雲が低く垂れ込めてはいますが結構見通しがきくので今の内に撮りまくっておいて後ほど自宅でじっくり検証しようと4ヶ所で車を停車し撮影に興じましたが、流石にこれにて打ち止めとしてご帰還と致しました。( ;^^)ヘ..

と言う事で~東京・神奈川・静岡遠征探訪+αの終了~です。(^^)/

掲示は新潟県妙高山塊周辺です。
1枚目、鬼ヶ城の断崖を流れ落ちる季節滝です。
2枚目、ガラソノ沢左俣の無名(左)と大滝(右)です。
3枚目、この範囲内に10滝が流れ落ちています。(^^;
因みに関係しそうな滝マークのある川は、矢代川支流の片貝川・濁俣川・澄川・御備川・中野川で、遠望でもまたの撮影の機会があればと思いますです。(^^;

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック