たまだれの滝(鹿沢温泉)

08/16 Part2 
いや~2,000m級の高原は流石にカラッとしていて快適ですね。2時間以上高原内を歩き回ったのに汗が滴り落ちませんでした。(^_-)
取り敢えず高原内の半分を闊歩して十分に快適で素敵な高原模様を堪能でき、運転手殿も十分に満足して頂けた様なので~ご帰還がてらの当然!?滝探訪へと方向転換で~す。(^0^) 

さて、地図上滝マークのある場所は菅平高原近傍に唐沢の滝&大明神沢の滝と調べが着いていて、湯ノ丸高峯林道を戻り県道94・R144・406と走って菅平湖(菅平ダム)を過ぎれば第一目的である大明神沢の滝が道脇にあるハズです。
(^^;
因みに、ご帰還も一般道オンリーの予定で出発~です。(^^;
さすれば珍しくどこかのお食事処で昼食でも!?(((((^^;
画像
と言う事で~何時ものお気楽モードで県道94を嬬恋方面へ走行中...「たまだれの滝」と大きく書かれた表示を発見!!
(@_*)
運転手殿に一旦停止をお願いし様子を伺いに行ってみると、駐車場や遊歩道がちゃんと整備されているので早速の寄り道探訪とさせて頂きます。(^^;

りんどう橋と言う吊り橋から東屋を過ぎ小さめな沢脇に木道がきちんと整備されていて滝前まで続いています。
画像
落差は5m程の小さい滝ですが苔生した周辺からも湧き水が流れ落ちているので素敵な空間を形成していました。まあもう少し流れ落ちが多いと更にイイ感じなんでしょう。(^^;

因みに、ご帰還ルート近傍嬬恋村には大沢滝と言う落差6mの渓流瀑が有るのは知っていましたが、沢沿いの遡行が必要と言う事なので探訪からは外していました。(^^;

Part2終了
Part3に続く

掲示は群馬県吾妻郡嬬恋村鹿沢、吾妻川支流湯尻川のたまだれの滝です。
因みに、帰宅後地図を確認してみるとこの滝はマークがちゃんと有りました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック