浄水の滝(菅平高原)

08/16 Part3 
早速の寄り道滝探訪をしてしまいましたが、探索にまで至らずお手軽で良かったですかね。(^_-)
ささ!お気楽道中とは言え先を急ぎましょう。(^^; 

県道94・R144・406と走って菅平湖(菅平ダム)に到着です。
この菅平湖の終端直ぐの川から分岐する大明神沢がありそこに滝があるハズです。(^^;
また道脇から直ぐのハズなので最低でも滝姿は確認できるのではないかと思います。
画像 
さて予定地近くまで走っていると道脇に広めの駐車スペースがありました。(^^)
更に駐車スペース内には新しい感じの観光案内板が立っていて「滝と森林浴の遊歩道案内図」と書いてあり、当該の滝名は「浄水の滝」と言う事になっています。
また直ぐ近くに「二重滝」や大明神沢の上流には「大明神の滝」もあるらしいですね。(^^)
画像 
まあ取り敢えず予定の滝を見に行きましょう!(^^)/
駐車スペースから踏み後が続いているので直ぐに滝前に出られます。
(^0^)
岩盤を滑り落ちるように流れ落ちていて流れ落ちる川の清涼感も相まってイイ感じの滝です。
但し~この滝名なんですが~綺麗な水の意からならイイのですが...まさか浄水施設の脇に有るからとかでは無いでしょうね!?(((((^^;

さて~もう一つ!駐車スペースのちょっと先、道の反対側に「二重滝」がある事になっているので行ってみましたが、遊歩道はおろか踏み後さえありません。
草が生え放題で普通には誰も行ってないでしょう!?と言う感じです。(--;
画像 
因みに、私は護岸のコンクリート壁上を伝って何とか撮って来ましたエ~。(^^;

更に~もう一つ!「大明神の滝」は立入禁止と成っていますが、遠目でもイイからと行ってみました。しかし浄水施設から伸びてる道は途中で柵に遮られていて鍵も掛かっているのでそれ以上行くのは止めました。
因みに、帰宅後良く調べてみると大明神の滝自体が筑波大学実験センター地内のため立入禁止の様です。

Part3終了
Part4に続く

掲示は長野県上田市菅平高原、大洞川(菅平川)本流の二重滝と支流大明神沢の浄水の滝です。
1枚目が浄水の滝です。
2枚目がちょっと怪しい感じを受ける観光案内板です。(((((^^;
3枚目が二重滝です。
因みに、大明神の滝って氷瀑に成るようです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック