鼻白の滝(新宮)

10/07 Part5 
九里峡の滝達は今回の探訪制約上サラッと流してしまいましたが、本来なら一つのPartとして成り立つ位の素敵な滝だと感じました。d(-_^)good!!
何時の日かそのPartが造れる時を迎えたいものです。d(^-^)
さーて郷愁に浸っている時間は無いのです。(^^;
次の「鼻白の滝」期待しましょう!(^^)/

画像
R168ちょい北上し林道田長谷線へと進みます。起点のゲートには時間規制が有るようですが十分大丈夫なのを確認して走り出しましたが、数百m走って田長谷の橋を渡ったところでガーン!の通行止めでした。(v_v)

こりゃ~滝姿全貌を展望できるところまではメッチャ遠いわナ...と思ったのですが、正面カーブの先に真新しい「鼻白の滝↑」の案内表示が有りました。(^◇^)

んでは遊歩道を進みましょう!(^^)/
画像
って、直ぐに展望台らしき場所に到着しましたが、木々の枝葉が邪魔で全貌は見渡せません...更に遊歩道は続いているので進むと、滝傍手前で土砂崩れに因って遊歩道は寸断されていました。
(--;
但し、そこからでも落差上段48m下段35mと言う素晴らしい流れ落ちは見ることができます。d(-_^)good!!

しかしてこの素晴らしい流れ落ちを収めるためにはどうしても滝壺まで行きたい!(^_-)

と言う事で~単独で行って来ました~。( ;^^)ヘ..
画像
そしてこの単独行動にて納得し、全貌を垣間見る展望箇所への長丁場は諦めたのですが、運転手殿より「全貌見てみたいよネ」とのお言葉...それでもここで時間を費やすのは後の行程に厳しいのが本当のところです...
行くか!?諦めるか!?で心は揺れ動きました。(-_-)
画像
感動は、この日この時この瞬間です!!行きます!!
p(^_^)q
って~~~ものの10分も歩いたら、全貌が見渡せる場所に着いちゃった~!~(^◇^)/

上段の滝姿から下段への流れもまた素敵じゃないですか!d(-_^)good!!
いや~実に素敵な滝姿ですワ!(ё_ё)

運転手殿は「那智滝よりこっちが素敵!」と申しておりました。( ;^^)ヘ..

Part5終了
Part6に続く

掲示は和歌山県新宮市熊野川町能城山本 熊野川支流田長谷 鼻白の滝です。
因みに何故行くのに悩んだかと言えば~林道の続きだと分かるガードレールが遥か上方に見て取れていたからです。(^^;

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック