荒滝・松山滝(熊野)

画像
10/07 Part7 
布引の滝の普通に撮れそうなところは撮った!(^^)
しかしこの滝は実際には4段で上流部に隠れた12mの一段目があると言う事になっている。(^^;
そこで少しは探索してみようかと奥の駐車場周辺でジタバタしてみたが日暮れ時はどうも危なそうなので素直に諦めました。(^^;

更に駐車場の案内では遊歩道のある「小滝」の表記も見付けた。(-_-)
運転手殿の顔色を伺うとどうも反応は「No!」のようだ。(^^;
確かに今から650m徒歩と言うのは予定外ですかネ。(^_-)
画像
んならば~戻りの道脇に流れ落ちる滝にご挨拶して本日の〆としましょう。d(^-^)

まずは「荒滝」です。
表示が有る場所で車から降りて渓谷を覗いて見れば!ありゃ~結構素敵な滝姿ではないですか!('-'*)
ちゃんと日差しも受けているのでシッカリ撮りましょう!
(^0^)
って、滝壺に少し迫ろうと行動したら「こりゃ~!」と怒られた!(゜゜;)\(--;)
ここまでで~す。~(^◇^)/

次は「松山滝」です。
画像
表示の直ぐ脇で流れ落ちています。(^^;
この滝も何とか撮れそうです。(^^)
滝壺は覗くだけですよ~。(^^;

次は「隠滝」です。
判っていましたが、表示が有る場所で車から降りて渓谷を見渡します。(((((^^;
道脇からは見えませんよね、ハイ!諦めます。m(..)m

とまあ駐車スペースの有る八丁出会橋まで戻って来て探索スタイルを着替えたんですが、どうも「大滝→1km」が大きく目に入る。(^^;

道脇から見えるかも~と言う事にして走ってみれば...途中で道に落石ゴロゴロでして、ブリッコではヤバソウなので無理せず引き返す事にしました。(^_-)

さて~これにて本日の探訪は本当に〆としたのだが、明日のご帰還を含めて2車中泊目の場所を決めなければならない...運転手殿からは普通に食事がしたいとの注文があり、大門坂駐車場の件もあるので思案した...。(-_-)

結論~!! 食事場所もあり安心して熟睡できそうな「道の駅 なち」に戻りましょう!!d(^-^)

Part7終了
Part8に続く

掲示は三重県熊野市小栗須 楊枝川支流布引谷 荒滝・松山滝です。
1、2枚目、荒滝です。
3枚目、松山滝です。
因みに海岸の平地方向に走ってみると~日暮れはまだなんですよ!(^0^)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック