めおと滝(魚沼)

11/04 曇り時々晴れ
本日は、んがお工房殿とミニオフです。ちょっとオヒサでしたネ。(^_-)
んで~予定としては、浅草岳は村杉沢のめおと滝と守門岳は守門川の布引の滝に行きま~す。(^^)/
布引の滝は今年の春にも探訪していますが、紅葉が素敵な感じだし折角近くまで行くのだからと再訪も有りだと思いました。d(^-^)

と言う事ですが~メインは勿論!浅草岳は村杉沢のめおと滝です!!(^-^)/
以前にはちゃんと滝まで遊歩道として整備されていたらしいのですが、今では殆ど放置状態となっているため探索と言った方が良さそうなのです。(-_-)
そんな事もありお声が掛かれば、遠望で左俣の雌滝しか見ていませんから是非右俣の雄滝もと思うのは極自然でしょう。~(^◇^)/
画像
R252・291・17・252・県道385と走って待ち合わせ場所に到着~と言う手前でテールツーノーズ走行になりまして、雌滝が遠望できる場所にて一旦停車しコンニチハ!です。(^^;
画像
そして浅草山荘の駐車場に駐車させて頂きました。m(..)m

さて~めおと滝へのルートですが~現況、机上と言うか地図上では選択肢が三つ有りますが、10年前とは言え、滝に行き着いているんがお工房殿にお任せルートと致しました。(^^;
画像
と言っても、出発直後の野外緑地広場過ぎから手探り状態でして、滝〇カの眼力と言うかやはり幾多の探訪・探索は伊達じゃない!と言う経験則から尾根越えルートを探し出しました。(^^)/
しっかし序盤は~急登の連続でっせ~。(--;
そして中盤は踏み後を求めルートを外さないよう滝へまっしぐら~!(^^)/
いよいよ終盤も佳境に入ったか!?と言うところで...まさかのと言うか何時ものと言うべきかのアドベンチャーをヤッチャイましてネ!
(((((^0^)
画像
元の場所へ戻らざるを得ないほどのスンゴイ藪漕ぎ&渓谷巡りを堪能(^^;したものの、お見事~!めおと滝とご対面~!と成りました。
~(^◇^)/

結果論で言うと「道は真っ直ぐ信じる者は救われる」と言う事です。(^_-)
但し、現況行き着く先は倒木と藪に覆われた渓谷内の急傾斜地です。

そんな按配でのめおと滝ですが、紅葉を纏い流れ落ちはとても素敵でした。
d(-_^)good!!

Part1終了
Part2に続く

掲示は新潟県魚沼市大白川、破間川支流村杉沢のめおと滝です。
拘る程ではありませんが「めおと滝」表記に変更しました。(^_-)
2枚目が雄滝です。
3枚目が雌滝です。
因みに滝傍までの踏破は沢の水量が以外にも多く時間の関係もあり断念しました。(^^;

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック