大摺鉢・小摺鉢(八ツ淵の滝)

05/03 Part2 
先頃運転手殿は滝探訪の殆どに付き合うように成り「滝○カ」の良き理解者とも言えるのだが、その一方で一歩間違うと危険性が常に潜んでいるのも分かってきている。
その辺りからして初心者禁止ルートのUターンはある意味予定通りであったとも言えるのだが、経験が増えてきたのでもう初心者では無いだろうと考えた末に、先の崖登りが見えるところまで引っ張ってしまったのが、今回の単独行動も不可と成った愚考であったとも言えます。(^_-)

何時もの様に安全且つ楽しめそうなところで「待っててネ!」とすれば「唐戸の淵」も撮れたろうに...まあ後の祭りか。(^^;

と言う事で、初心者ルートで歩を進めます。
途中で崖崩れの迂回ルートがあったり、初心者禁止ルートとの合流地点があったりで、私は「唐戸の淵」がなんとか垣間見えないかと目を凝らしますが、撮れるまでには至りませんでした。(--;
画像
そんなこんなですが~大摺鉢に到着です。

小摺鉢も連瀑となっています。(^^;

ちょっと初心者ルートを登れば連瀑として撮れます。

大摺鉢は滑と澄んだ大きな釜を構えていると思えばそれなりに素敵です。
しかし滑全体が大摺鉢では無く、途中となる直ぐ上が小摺鉢なんですよね。

周辺は岩がゴロゴロの複雑な渓谷なので、色々な角度から思い通りに撮れるところは面白いかもしれません。(^^)
画像

さて~実はここも初心者禁止ルートとの分岐になっています。
(^^;

今度は~ここでちょっと待っててネ~様子を見てくるから~にしまして、単独で初心者禁止ルートへ行きます。( ;^^)ヘ..

Part2終了
Part3に続く

掲示は滋賀県高島市鹿ヶ瀬、鴨川の八ツ淵の滝(百選の滝)です。
1枚目、大摺鉢
2枚目、小摺鉢
因みにこの周辺では山野草が楽しめそうな場所でもありそうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック