屏風ヶ淵・貴船ヶ淵(八ツ淵の滝)

05/03 Part3 
単独で初心者禁止ルートを行くと言っても、何時もとは違いこの後には初心者ルートから七遍返し淵を目指すのですからそれ程時間は取れない...となれば身軽が一番!d(^-^)
と言う事で~カメラ一つを背負ってGo~!です。(^-^)/

小摺鉢を越えてみると意外にも初心者禁止ルートとは思えない程平坦な沢沿いが続いています。(^^;
画像
これなら運転手殿も問題ないよナ~なんて考えている内に峡谷の趣に変わり、屏風ヶ淵らしき淵が見え始めたかと思うと沢沿いの岩場を一気に登る事と成ります。(^^;

但し、ここもしっかりとした鎖場と成っているので、相当の高所恐怖症の人で無い限りは屏風ヶ淵の青く澄んだ淵は堪能できるのではないかと思います。(^^)
また経験者とあらば鎖はガイド程度で身を預ける程ではありません。
なので~撮影は意外にも簡単です。(^^)
とは言うものの運転手殿帯同であったら「鎖から手を離すな!」なんて言っちゃうんだろうナ~。(((((^^;
画像
さて屏風ヶ淵から直ぐに八ツ淵の滝のメインと言われている貴船ヶ淵と成る訳ですが、貴船ヶ淵を越えて行くか間近に見たい場合は、淵の手前で対岸へ岩場の渡渉と成ります。
ここも増水してない限りは特に危険な場所ではないです。
画像
普通に滝らしく捉えたい場合は、多少引いた位置からの方が素敵な流れ落ちでイイ感じに撮れる気がしますが、やはり「淵」と言うくらいですし青く澄んだ淵がとっても素晴らしいので、対岸の中段辺りまで登れば撮れます。(^^)
また上手い具合に足掛かりもあります。(^^;

そして普通には更にこの先へ進む訳ですが、その場合はこの後に岩場の壁を登攀する事に成りますが、貴船ヶ淵を十分に堪能した私はここでUターンです。(^0^)

戻りは~脱兎の如く分岐点まで戻りました。( ;^^)ヘ..

Part3終了
Part4に続く

掲示は滋賀県高島市鹿ヶ瀬、鴨川の八ツ淵の滝(百選の滝)です。
1枚目、屏風ヶ淵
2・3枚目、貴船ヶ淵です。d(-_^)good!!
因みに滝巡りに絶対の安全は保障されていないと言う事は申し添えておきます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック