百間滝(岐阜高山)

09/22 Part2 
次もお手軽なハズの滝探訪第二弾で直ぐ近くの「百間滝」を目指します。(^^)/
この滝は国土地理院の地図からすると無名なのですが、直瀑&渓流瀑の連続で1ショットには収まらない程だと言う事から行ってみる事にしました。
林道を戻りR158を6km程走ると「百間滝」標示があるのでまたまた林道へ進みます。
こちらは1km弱で滝方向を示す表示はありますが、駐車場はないのでスペースのある路側帯に駐車となります。
画像
遊歩道入口には滝の展望箇所を示す見取図があり、滝下・中間展望台・滝上と3箇所あるようです。
但し、滝の構図はかなり貧弱な感じを受けます。
画像
しかし直瀑と渓流瀑を合わせて30mと言う滝なのでそんなんだろうナとは思いましたが~...
展望台へは遊歩道途中から350mの迂回、更に滝上展望へは110m!?ってやはりちょっと不可思議な構図です。(--;
画像
ま~素直に真っ直ぐ滝下に行ってみれば分かる事なので行ってみましょう!(^0^)
って歩く事数分...滝下に着いてみれば、目の前には小さい渓流しかござりません...こりゃ外したか~!
(--;
ま~取り敢えず渓流瀑としては撮っておきましょうと流れ込み直下まで踏み込んでみたら、かなり上方木々の繁りの間に二段の直瀑が見えました。
確かにこれでは1ショット内では難しいわナ。(^^;
画像
とは言え、実のところ林間に足跡らしき踏み跡が疎らにはあったものの、途中にあるハズの迂回路って見当たらなかったんですよね。(?_?)

ンならば~ここは渓流瀑を直踏~って二段の直瀑まで踏破し撮影し、ついでに一段高巻いて更に上部へ続いていないのかまで確認してしまいました。( ;^^)ヘ..

そうですね~見通しが良くてもう少し水量が多ければ素敵な滝となるかも知れませんね。(^^)

Part2終了
Part3に続く

掲示は岐阜県高山市丹生川町日面、小八賀川支流の百間滝です。
1枚目、百間滝見取図
2枚目、滝下展望の渓流瀑部です。
3枚目、中段渓流瀑部から上部直瀑部です。
4枚目、上部二段の直瀑部です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック