ニコイ大滝(飛騨市宮川)

09/22-23 Part5 
「三ツ滝」の探訪を止めたのでそのまま本日の車中泊予定地「道の駅 南飛騨小坂」に向かった。
17時前に到着したので食事でもしながら明日の小坂滝巡りの予定でも立てようかと思っていたのだが...既にお店は全て閉まっていた。(-_-)
まあ食料は常に用意してあるのでそちらを頬張りながら予定を検討し始めたのだが...なんと~リアルナビ表示で確認するとアチコチ「通行止め&規制」が掛かっている事が判明し、更に時間の経過と共にどうもここは車中泊の適地とは思えない状況が感じられた。(-_-)
ならば!明日は隠し玉と考えていた「ニコイ大滝」へのリベンジに変更し、車中泊の地も走行予定ルート周辺で検索し、46km先の「道の駅 アルプ飛騨古川」とした。
県道437・R41を走り1時間強で到着です。ここならイイ感じです。(^^;
・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

画像
明けて23日「ニコイ大滝」リベンジ探索に出発です!!
~(^◇^)/

R41・360と走り、今回は通行止めも無く宮川町種蔵集落を抜けられ、林道を池ヶ原湿原方面へ走ります。d=(^o^)=b

ニコイ大滝への道程となるニコイ高原リゾート開発の内の一部となるはずだった、と思われる遺産的アーチ橋へのポイントはしっかり押さえてあるので、問題となるのは探索ルートを的確に進む事だけだと考えていた。
d(^-^)
画像
最悪でも100m程の藪漕ぎと谷側への滑落に注意すれば到達は可能であると思っていた。
と言う事で~本来なら単独での探索と決めていたのだが、ポイントに到着してみれば...なんか~遊歩道らしきに道先が見えまっせ~!!(^^;

ならば~運転手殿も一緒に行きましょう!と言う事で、難なくアーチ橋に辿り着くと共に「ニコイ大滝」の上部とご対面~です。ヾ(@^▽^@)ノ
但し、アーチ橋上は慎重に行動する事が寛容かと思われます。
画像
私は色々撮っておきたいので全行程歩いてみましたが、運転手殿は数枚撮ってサッサと橋を戻ってしまいました。(^^;
確かに普通に闊歩すると揺れますから何時崩れて落ちてもおかしくはない感じもしました。( ;^^)ヘ..

ニコイ大滝の落差については行った人の感じ方からか大きな差がありますが、最低でも60m超から100mはありそうに見えました。
それにしてもアーチ橋周辺だけでも素晴らしい流れ落ちでしたネ。
これも超d(-_^)good!!に値します。d=(^o^)=b
画像
因みに「青少年旅行村」方面の道は悪路ですが、ニコイ大滝の真向かい正面へ行けそうですし、更にその先の「上ヤ滝」へも道は続いているので、冬枯れた時期に再挑戦したい気持ちもあったりします。(^^;

この後は林道を戻り、R360・41と走り北陸自動車道でご帰還と致しました。(^^)
小坂の滝巡りは思う様にいかない部分もありましたが、十分に堪能した岐阜遠征探訪でした。o(^o^)o

掲示は岐阜県飛騨市宮川町菅沼、宮川支流菅沼谷支流のニコイ大滝です。
1・2枚目、上部です。
3枚目、アーチ橋下からの部分です。
4枚目、更に下部でまだ下に続いています。
因みにアーチ橋手前のコンクリート歩道部の脇から下降し、ニコイ大滝下部へ廻り込めそうな谷筋がありました。(^^;

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック