今福の滝(京都宮津)

10/13-14 Part5 
金引の滝の探訪を終えたので、今回予定した近畿圏遠征探訪での百選の滝4滝は無事探訪完遂と成りました。d=(^o^)=b
行程的にもほぼ予定通りと言う事で~+αとして考えていたオプションの探索探訪に向かおうと思います。(^^)

オプション滝としては、此処から近い七段の滝「今福の滝」と伊根町本庄上辺りから遠望で望む事と成る京都随一の落差100mとも言われている「布引滝」を考えていましたが、布引滝は遠望からであり枯れる事もあるらしいと言う事で「今福の滝」を選択しました。
当然の事ながら両方を探索する事も念頭にはあったのですが、現在13時と言う時間からすると「布引滝」は往復で3時間を要する事となりご帰還への影響も大きいと考え「今福の滝」オンリーとしました。d(^-^)
現状からでもご帰還には480km約6時間程掛かる予定ですからね。(^^;

と言う事でしゅぱ~つ!(^^)/
県道9・今福地内と走って、走行距離5km、今福の滝駐車場にとうちゃ~く!
( ;^^)ヘ..
画像
途中の滝方向案内もしっかりしていますし、仮駐車場とは言え「今福の滝 七段の滝 イラストマップ」が置いてあるので、探索ではなく探訪になっちゃいましたワ。
(^0^)
画像
実のところ駐車場があり山道とは言えこれ程整備が進んでいたとは全く知らなかったのです。

実際予定では現駐車場の続きとなる滝山林道を更に2km進み、目印と成る橋から尾根道を下ると一段目があり、その脇を更に下ると二段の滝姿の眺望が見渡せるものだと思っていましたから、場合に因っては単独探索とも考えていたのです。

しかしこれなら運転手殿帯同で七段とも捉える事が出来そうです。(^^)
画像
と言う事で、メインの山道を主体に進みながら、分岐道を辿る事で全行程1km程で七段全部を撮る事ができました。(^^;
1の滝
落差5.7m
2の滝
落差19.9m
3の滝
落差19.2m
4の滝
落差4.4m
5の滝
落差2.3m
6の滝
落差1.2m
7の滝
落差4.0m
画像
ま~「七段の滝」としては見方が分かれるところでしょうが、「1の滝」を見て、「2の滝」「3の滝」が見渡せる眺望所は素晴らしい流れ落ちの滝姿を見る事ができます。超d(-_^)good!!です。

そそ!出来ましたれば「4の滝」へも分岐道が欲しいかナ~。( ;^^)ヘ..

そんなこんなで「今福の滝」は探索に成らずに探訪で済んだので、時間的には余裕が出来ましたが、その余裕は運転手殿へのご帰還への配慮に振り向ける事として、これにて「渋滞・混雑覚悟の上」とした近畿圏遠征探訪の〆としました。(^_-)-☆

掲示は京都府宮津市今福、大手川支流今福川の今福の滝です。
1枚目、1の滝です。
2枚目、2・3の滝の眺望です。
3枚目、4の滝だと思われます。(^^;
4枚目、5・6・7の滝周辺です。(^^;
因みに4の滝と5の滝が違うかも知れません。m(..)m

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック