二重滝・浄水の滝(菅平高原)

11/03 Part2 
浅間大滝・魚止めの滝探訪を終えて13時です。
空模様は怪しい限りですが時間的にはちょいとばっかし余裕はある...。(-_-)
そこでオプションとして考えていたここから程近い滝原地区の熊川には素敵な滝が潜んでいるとの情報を元に探索に向かってみる事にした。
潜んでいるとの書き方から想像が付くと思いますが、滝位置等は分かっているのですが滝への道標等は一切無いので「探訪は自己責任ですよ!」と言う事です。(^^;
そこで事前に滝周辺の地図を確認していたのですが、未開通の林道や農道・私道が近くまで複雑ながらも存在はしている事になっているので、その状態を現認しながら考えましょう~です。(^0^)

県道54を戻りR146から滝原地区へ向かいブリッコでも走れそうな林道を選びながら進みます。正式な名称は不明ですが林道与喜屋赤宿線から作業道千ヶ滝線だと思います。
ナビは滝方向へ進んでいるので、これなら確実に目的地点に到達出来ると思った...。
しかしながら残り500m程の地点にて「この先崩落のため通行止め」の看板&バリケード。(--;
崩落を踏破し500m進んだとしても入渓地点を探さなければいけませんし、更にそこから直線にしても200m以上の沢登りが必要です。
探索はスッキリ諦める事にしました。(^_-)
画像
と言う事で、明日は完全なる「雨」予報ですから今回は遠征探訪のつもりではないので、御帰還~と致します。d(^-^)

しかしなんですが~御帰還ルートでR144・406と走る!
画像
と言う事は、菅平高原を抜けるじゃないですか!

って事で、昨年のリベンジで二重滝をちゃんと撮りました。
(^-^)/



そそ!ついでに直ぐ近い浄水の滝の秋模様もネ。(^^;
画像















掲示は長野県上田市菅平高原、大洞川(菅平川)の二重滝と支流大明神沢の浄水の滝です。
1・2枚目、二重滝です。
3枚目、浄水の滝です。
因みに目指した滝原地区の熊川には7滝あるらしいのですが、仙峨滝&無名滝・落差20m以上、不動の滝・落差20mには是非リベンジしたいものです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック