三段の滝(砺波市)

11/22 Part6 
さて~予定としては本日最後の探訪となる三段の滝+αへ向かいましょう!
(^^)/

R471から広域基幹林道牛岳線へ進みます。
画像
この林道は分岐から始めの内は結構荒れていて通行の少なさを漂わせていますが、高度が上がるに連れてそれなりの趣さえ感じてしまうのは滝○カの感性ってヤツですかね。(^_-)
但し、視界は殆ど開けず植林された杉林と雑然とした広葉樹の風景が続きます。
Navi上で牛岳トンネル手前の三段の滝が近付いて来たと思ったら、道路脇の高台に唐突に展望台が出現し、更に牛岳トンネル入口が現れました。(^^;
そしてここが三段の滝へ向かえる遊歩道の入口です。
画像
トンネル手前の橋上から見るに、段瀑が見えていますし川沿いには遊歩道らしき跡もあるので、カメラオンリーでスタコラと滝前撮影に向かいます。

まあ滝として撮るには簡単な訳ですが「三段の滝」と言うくらいですからその辺を上手く構図に収めたいと思案はしたのですが緩やかな長めにの段瀑は難しいですナ。
(--;

大体からして実態は四段以上ですからね。(^_-)

んなところへ御ゆるりと運転手殿が到着し「展望台からよく見えるよ~!」との事...。(^^;
画像
おやま~では私も展望台へ行って見ましょう。
o(^o^)o
と言う事で昇ってみれば...。
あんりゃま!
ほぼ全貌が見える訳ですナ。
(^0^)

水の流れ落ちの素晴らしさは出ませんが、これでも十分と言え無くもありませんネ。
(((((^^;

それも見える範囲内でも更に段数は増えますよ~。
;^_^A

さあ+αですが~ここから「牛岳ふるさと歩道」を下れば、一本滝・男滝・女滝も探訪出来るハズですが...。
こちらは遊歩道らしき跡が...見付からない...。
(^^)
画像
ならば~得意の1時間縛りで湯谷川沿いに単独探索~!(^-^)/

な~んて事は今回は致しません。(∩_∩)ゞ

牛岳トンネル以後の林道牛岳線は通行止めが多いと聞いていたので、予定には組み込んでいなかったのですが、な~んもその様な表示は無いし時間もあるので、この先にある「四十ヶ滝」の探訪を優先としました。
d=(^o^)=b

Part6終了
Part7に続く

掲示は富山県砺波市庄川町湯谷、庄川支流湯谷川・三段の滝です。
1、2枚目、滝前からです。
3枚目、展望台からです。
4枚目、牛岳ふるさと歩道の案内図です。
因みに現在は数段の滝に見えますが、天台宗山伏の修験場であった頃の別名大窪の滝と言われていたころは三段の滝だったのか、はたまた元々三段を滝としたのか、でしょうね。(^_-)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック