四十ヶ滝(富山市)

11/22 Part7 
では~牛岳トンネルを突っ走りまーーーす。ヾ(@^▽^@)ノ
このトンネル、全長1,145m、一車線・一直線・照明無し(退避スペース3箇所有り)と言う結構スリルありありの造りですので、対向車が来そうもない頃合いを見計らってヘッドライト上向きで一気の通り抜けが正解かと思いまして御座ります。
(((((^^;
画像
+αするならば~音楽ガンガンもイイかも~。~(^◇^)/

とは書いたものの、普通に通り抜けられた!と言うのが本音かナ。(^_-)

但し抜けた瞬間に道路脇に無名2滝を現認!(^。^)
駐車場もあるので、早速辺りを探索しつつ全体を捉えられるところを探しましたが、滑滝に近い段瀑は草木等に遮られる事が多く難しいので部分々々を撮って納得としました。
地図上からすると山田川上流にあたりそうですが、結構長く大きな滝姿ですよ!d(^-^)

そそ!それより四十ヶ滝を見付けねば~。(^◇^)
画像 
って走り出して500m程で滝見台らしき案内板のある場所に到着。
(^^)

しかして案内板と相似を成す流れ落ちがイマイチ判別できない...。
(--;
画像 
確かに何段にかは流れ落ちてはいるが「名瀑」?...。(-_-)

林道を右往左往していると、近くにコンクリート歩道跡らしきを見付けたので、何時もの時間限定単独探訪を開始。
(^^;

その結果として、方向性と位置からしてほぼ間違いないであろうと判定しました。。
(^_-)

冬の山間の日没は更に早いので、ここいらで本日の滝探訪の打ち止めとしました。
たった一日の滝探訪でしたが、イイ夫婦の日に十分楽しめたと思います。
d(-_^)good!!

掲示は富山県富山市山田鍋谷、山田川支流鍋谷川・四十ヶ滝です。
1~3枚目、色々な方向から撮った四十ヶ滝です。
因みに鍋谷林道から県道59をご帰還道としたのですが無名滝が幾つも有りました。(^^;
「有峰林道」の件も有りますし富山にはまた訪れると思います。(^_^)/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック