セツブンソウ(倉科)

03/20 曇り後晴れ 
我が地方にもやっと春の足音が近付いて来ましたが、実のところ近くの山にはシッカリ雪が御座りまする~。(^^;
と言う事で、スプリングエフェメラルの一つである「セツブンソウ」を求めて、長野県千曲市は倉科まで行きま~す!(^^)/
んで~&滝!です。o(^o^)o

我が地方は山野草の宝庫とは言うものの、セツブンソウに限っては新潟県自体が既に自生の北限を超えていてるみたいなので数年前から計画はしていたのですが、正直なところ近場の様子見&徘徊の時期と当然の事ながら重なるので何時も計画倒れと成っていました。(^^;

北陸・上信越自動車道で更埴IC、R18・403・県道392と走り、そのまま接続の林道大木場線から芝平楢滝線へと進むとセツブンソウ倉科群生地に到着です。
(^-^)/

駐車場もスペースも無いので路肩に上手く止めましょう。;^_^A
その代わりに群生地は直ぐ目の前です。(^◇^)
と言うか~初っ端の道脇にもチラホラ咲いていました。o(^o^)o
画像

















んで~遊歩道を進むと...素晴らしい光景が広がっていました。
画像

















小振りで地味目ですが間違いなく春の妖精です。d(-_^)good!!

Part1春の妖精編終了
Part2滝へと続く

掲示は長野県千曲市倉科、セツブンソウの群生地です。
因みに戸倉の群生地の方が規模は大きし駐車場も有る様ですがネ。(^_-)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック