箱瀬の滝(北相木)

画像
02/09 晴れ後雪
一年越しと成っていた氷瀑探訪です。
長野県北相木村の三滝を目指すオフです。

北陸道・上信越道・R141・県道124と走り長野県北相木に到着、そして林道を走ると三滝駐車スペースです。
ここが今回オフ参加者の待ち合わせ場所です。

その前に~ちょっと早めのに到着になりそうだったので、県道124に沿う形で相木川が流れているのですが、その川の本流にある滝を探索をしてみました。(^^;

んで、実は探索と言うほどの必要は無く、二箇所とも道脇に案内看板が有りました。(^0^)

ただ、雪瀬の滝は遊歩道があるようですが、積雪で全く分からず滝音だけ聞いてきました。(--;
次に箱瀬の滝です。こちらは旧道があり滝全体はこちらの方が見えるのですが木が邪魔なのです、しかし橋上から見た方が眺めは良いです。凍った上を本流が流れているのです。d(-_^)good!!

実は、橋途中の欄干で撮っていたのですが、その後ろをオフメンバーの車が通過し、滝○カはしっかり捕捉されていたようです。(^^;

Part1終了
Part2に続く

掲示は長野県北相木村相木川箱瀬の滝です。
因みに丸く漂っているのは、円形の氷で通称「鍋蓋」と言うそうです。

"箱瀬の滝(北相木)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント